Windows 10

マイクロソフトアカウントのパスワードなし自動ログイン設定

パソコンヤシステムです。

マイクロソフトアカウントでPCにログインする場合、元々の設定では「PINコード」というパスワードを使ってログインが必要ですが、自動ログイン設定をすることでパスワードや指紋認証なしでログインできるようになります。

2年前に投稿した記事の「マイクロソフトアカウントの自動ログイン設定」の手順が少し変わったので、改めて記事にします。

マイクロソフトアカウントの自動ログイン設定手順

まずはWindowsの設定画面を起動します。

 


「アカウント」を選択します。

 


「サインインオプション」→「Windows Hello サインインを要求する」をオフにします。

※ Windows Hello とは、顔認証での自動ログインのことです。

 


スタートメニューを右クリックし、「ファイル名を指定して実行」を選択。

 


「netplwiz」と入力し、OKをクリック。

 


「ユーザーがこのコンピューターを使うには、ユーザー名と…」が表示されるようになるので、チェックを外し「適用」をクリックします。

 


マイクロソフトアカウントのID(メールアドレス)とパスワードを2回入力して「OK」をクリック。

 


「OK」をクリックします。

再起動してパスワードを求められなければ、設定完了です。

自動ログインに失敗した場合は、IDかパスワードを間違えて入力している可能性があります。同じ手順で再設定しましょう。

ここまで設定できましたら、再起動して自動ログインができるか試してみましょう。

Windowsの設定でスリープを解除してもパスワードを求められないように設定しよう


の順番でWindowsの設定画面を開きます。

 

赤枠の「アカウント」を選択します。

 

「サインインオプション」で「ロックしない」または「常にオフ」に切り替えます。

 

この設定をしておくことで、スリープから復帰するときもパスワードを求め
られないようになります。