Windows 10

マイクロソフトアカウントの自動ログイン設定方法

パソコンヤシステムです。

マイクロソフトアカウントを作成し切り替わった際、次回パソコンにログイン
する時は、何も設定をしていなければ毎回パスワードを入力してログインする
形となります。

そのパスワードの入力がめんどくさい場合は、設定でパスワードを省略
できます。

自動ログイン設定方法手順


まずは、デスクトップ画面左下のスタートボタン(Windowsのマーク)を
右クリック→赤枠の「ファイル名を指定して実行」を選びます。

 


するとこのような画面が出てくるので、「netplwiz」と入力しOKをクリック
します。

 


赤枠①のチェックを外し
適用をクリックします

 


自動サインインの画面が出てきます。

ユーザー名→マイクロソフトアカウントを作った際に登録したメールアドレスを
入力します。
(ひとつ前の画像でユーザー名の所の黒線部分にアドレスが記載)

パスワード→マイクロソフトアカウントのパスワードを入力

パスワードの確認入力→マイクロソフトアカウントのパスワードを入力

全て入力したらOKをクリックします。

ユーザー名の所は「Owner」のままでも設定できますが、ログインの際にアカウントが2つ表示されて失敗する場合もあります。

 

ここまで設定できましたら、再起動して自動ログインができるか試してみましょう。

Windowsの設定でスリープを解除してもパスワードを求められないように設定しよう


の順番でWindowsの設定画面を開きます。

 

赤枠の「アカウント」を選択します。

 

「サインインオプション」→「ロックしない」に切り替えます。

 

この設定をしておくことで、スリープから復帰するときもパスワードを求め
られないようになります。