Windows 10

Snipping Tool(スニッピングツール)という便利なツール【Windows 10】

パソコンヤシステムです。

今回は、Windowsに標準で付いている「Snipping Tool(スニッピングツール)」という便利なアプリの使い方について記事にします。

機能をざっくり説明すると、表示している画面の一部分を切り取って画像ファイルとして保存する事ができます。

Snipping Toolの使い方


まずSnipping Toolの場所ですが、スタートのアプリ一覧にある「Windowsアクセサリ」→「Snipping Tool」で起動できます。

 

Snipping Tool のホーム画面です。

使用する時は「新規作成」を選択します。

 


画面が白みがかるので、保存したい部分(範囲)を選択します。

 


選択すると、上記のように確認画面が表示されます。

うまく切り取れなかった場合は、もう一度「新規作成」を選択します。

 


保存したい場合は、「ファイル」→「名前を付けて保存」と進みます。

 


保存場所を確認し、名前をつけたら「保存」をクリックします。

これで保存完了です。

※ファイルの種類から形式を変更する事も可能です。(デフォルトは.png)

 


Snipping Tool ホーム画面の「モード」より「自由形式の領域切り取り」を選択する事で、上記のように切り取ることも可能です。