Apple(Mac&iPhone)

Mac OS オススメの初期設定

パソコンヤシステムです。

今回はMacOSの初期設定の手順について記事にします。

Macの初期設定は難しそうなイメージはあるかもしれませんが、やってみるとiPhoneと
そう変わらないので、そこまで難しく無いかと思います。

ただし、説明をよく読まずに次へ次へと進んでいくと、Appleに無駄な情報を送ることになるので、そういった情報を送らなくても済むように設定しましょう。

Mac初期設定手順

Macの電源を入れると下記のような画面が出てきます。


住んでいる国を選択して「続ける」へ進みます。

 


キーボードの設定です。
ほとんどの方がJISキー(日本語キー)に馴染みがあるかと思いますので、「日本語」を選択し「続ける」へと進みます。

USキーで使いたい場合はUSキーでも問題ありません。


Wi-Fiの設定です。

 


ネットワークを選択しWi-Fiのパスワードを入力後「続ける」へと進み、ネットに
接続します。

 


「続ける」へと進みます。

 


「今は情報を転送しない」を選択し「続ける」へと進みます。

 


AppleIDでサインインしろと言われます。
赤枠の「後で設定」をクリックします。

下手にApple IDでサインインしてしまうとiPhoneのデータがMacと同期してしまいiPhone側のメモなどのデータが消える場合があります。
※私はこれでiPhoneの一部のデータが消えてしまいました。。。気を付けて!!


利用規約です。
「同意する」を選択します。

 


念を押されます。「同意する」を選択します。

 


アカウントを作成します。自分の好みに設定しましょう。

パスワードは電源を入れた時のログインパスワードになります。
ヒントはパスワードを忘れた時に思い出す為のヒントを自分で自由に設定できます。

フルネームは後でも簡単に変更できますが、アカウント名の変更はなかなかめんどくさい手順が必要になるので設定には注意しましょう!


後でも設定できるので「後で設定」を選択し「続ける」へと進みます。

 


エクスプレス設定です。
ここで、ほとんどの人はよく読まずに続けるへと進んでしまい、知らないうち無駄に情報をAppleに送る羽目になっています。

「設定をカスタマイズ」をクリックしましょう。

 


位置情報サービスをMacに許可するか聞かれます。
これもあとで設定できるので、とりあえずチェックを外してOFFにし「続ける」へと進みます。(マップに関してはiPhoneで使った方が手軽で便利なので、Macで位置情報をONにするメリットはあまりないと思います。)

 


あなたの利用状況をサービス向上の為に下さいと言っています。
そうゆうのは他のユーザーにまかせて、私たちはチェックを外し
提供しない形で「続ける」へと進みましょう。

 


あなたの利用状況をこれからの製品品質向上の為に下さいと言っています。
これも他のユーザーにまかせて、私たちはチェックを外し提供しない形で
「続ける」へと進みましょう。

 


Siriの設定です。
いまさら説明するまでもないかもですが、Siriとは音声認識システムです。
使う人はそのまま「続ける」へと進み、使わない場合はチェックを外しましょう。

 


ファイルをすべてiCloudに保存するか聞かれています。
iCloudを使わない場合は、チェックを外し「続ける」へと進みましょう。

※個人的にはiCloudに限らずオンラインのストレージサービスを使うと、PCが重くなるので私は一切使ってないです。

FileVault(ディスクの暗号化)するか聞かれています。
ONにすると盗難に遭った時に分解されても中のデータを取り出せないようにできますが、パスワードを忘れてしまうと中のデータが取り出せないようになるので注意しましょう。

iCloudを使う人は「iCloudアカウントによるディスクのロック解除を許可」のチェックをておきましょう。

ちなみにこの2項目は後で変更もできます。


しばらくするとデスクトップの画面が開きます。

初期設定の完了です。