Microsoft Office

One Drive(ワンドライブ)初期設定方法【Windows10】

パソコンヤシステムです。

今回は、Microsoft One Drive の初期設定方法について記事にします。

One Drive とは

One Driveとは、Microsoft社が提供するオンラインのクラウドストレージサービスです。

オンラインの状態でMicrosoftのサーバーにデータを保存する事で、ネットがつながる別の端末からそのデータの取り出しや編集ができたり、パソコンの容量を節約できたり、パソコンが故障した場合のデータのバックアップなどができます。

今のところOne Driveにサインインするだけで無料で5GBまで利用できますが、追加料金を払ったりOfficeのバージョンによっては1TBまで利用できたりとありますが、詳しくは
下記URLのMicrosoft One Drive ページで確認して頂けたらと思います。

https://onedrive.live.com/about/ja-JP/plans/

One Drive 初期設定手順

One Driveを利用するにはMicrosoftアカウントが必要になります。
Microsoftアカウントの作り方は下記の記事を参考にして下さい。

https://pcysystem.net/microsoftaccount

One Drive を起動します。


スタートのアプリ一覧からOne Drive を起動します。


Microsoftアカウントに登録しているメールアドレスを入力しサインインします。


「個人用」か「職場または学校」を選択します。
個人用で問題ありません。


Microsoftアカウントのパスワードを入力しサインインします。


「次へ」をクリックします。


One Driveへようこその画面が表示されます。
右下の矢印「>」をクリックしながら説明をひと通り確認します。


最後に準備が整いましたの画面が表示されますので、「One Driveフォルダーを開く」を
クリックし登録完了です。


使い方は簡単で、エクスプローラーのOne Driveファイルに保存したいデータを
ドラッグ&ドロップするだけです。