(PC)ソフトウェア

ウイルスバスタークラウドおすすめ設定の方法

パソコンヤシステムです。

ウイルスバスタークラウドのインストールが完了しましたら、
最適な設定をされることをオススメします。

まだインストールしていない場合はこちらの記事を参考にして下さい。

【画像あり】90日お試し版ウイルスバスタークラウドのインストール方法 パソコンヤシステムです。 今回はTrend Microのウイルス対策ソフト「ウイルスバスタークラウド」の90日お試し版...
【画像あり】お得にウイルスバスタークラウド製品版を登録する方法パソコンヤシステムです。 今回はウイルスバスタークラウド製品版の登録方法を記事にします。 先にお試し版をインストールしてから...

ウイルスバスタークラウドおすすめの設定手順

設定画面

まずはウイルスバスターの設定画面を開きます。

赤枠のマークをクリックすると設定画面が開きます。

スキャン設定

赤線の「スキャン設定」を選択します。

にチェックを入れます。

ZIPなどの圧縮ファイルをスキャンする

スキャン時に圧縮されたファイルもチェックします。

ジョークプログラムの自動削除を有効にする

いたずら目的の比較的無害なプログラムを自動的に削除できます。

ネットワーク対策

「不正サイト / 迷惑メール対策」タブをクリックして
「ネットワーク対策」を選択します。


赤枠の「無線LANアドバイザを有効にする(安全でない無線LAN接続時に警告)」に
チェックを入れます。

(1)→「適用」をクリックしてから、(2)→「その他の設定」をクリックします。

無線LANアドバイザを有効にする(安全でない無線LAN接続時に警告)

パスワードで保護された無線LANのみ安全と判定されます。
認証プロセスや有効なセキュリティ証明書のない無線LANに接続しようとした場合、
「危険」と警告されます。

その他の設定

端末情報の送信


赤線_の「端末情報の送信」から
「脅威情報をトレンドマイクロに送信する」と
「コンピューターの端末環境情報をトレンドマイクロへ送信する」のチェックを外します。

脅威情報をトレンドマイクロに送信する

検出したウイルスの情報を今後の対策の為にトレンドマイクロに送ってもいいですか?
というものです。
チェックを入れなくても保護はされます。

コンピューターの端末環境情報をトレンドマイクロに送信する

今後の参考の為にパソコンの使用状況をトレンドマイクロに送ってもいいですか?
というものです。
使用状況の中には検索履歴も含まれますので、無駄にデータ通信された挙句に
情報まで取られるので、チェックを外す事をオススメします。

 

オススメの設定は以上になります。

もっと詳しく知りたい場合は、以下URLよりトレンドマイクロのサポート
ページで確認できます。

「公式」トレンドマイクロサポートページ

「その他の設定」の所は特に設定しておく事をオススメします。

ウイルスバスタークラウド【パッケージ版】

パッケージとして目に見える形で持っておきたい方はAmazonなどで購入できます。
ただ使用するのは中に入っているシリアル番号だけになります。